マイケルジャクソンのホロスコープリーディング

こんにちは、リブラです。

今回はマイケルジャクソンクリックするとマイケルのホロスコープに飛びますの2室所有のハウスのお話です。

この地球でわたしたちは創造主だったことを忘れ、時空間の制限を背負って人間ゲームの転生に挑んでいるわけですが、経済問題は大きな課題です。

自然界なら自分で生きる糧を得られれば、あとは好きなように寿命まで生命活動を続けていれば良いのですから、難しくはないのです。

蝶なら花の蜜を、鳥なら木の実や虫を探して食べれば、あとは遊んでいていいのです。

でもわたしたち人間は、創造主の分霊が宿っているのでそんな簡単ゲームじゃ納得しません。

生きる糧を得るゲームにいろいろハードルを設けて難易度を上げます。

生きる糧を稼ぐ仕事好きな仕事適職やりがい存在意義を感じられる仕事天職へという順序があるのを、これがゲームだと捉えられれば、見抜くことができます。

しかし、実際の転生で働く場面に放り込まれるととんでもない錯覚に囚われるのです。

豊かな収入が約束されると、特別好きでもない仕事でやりがいも感じられないのに、多くの人生の時間をそこに捧げてしまったり、ストレスの多い仕事を無理してやって身も心もボロボロにしてしまったり、出口のない迷路にハマります。

神の愛無条件無制限の愛自由選択であることを思い出すこともできずに、ひたすら目の前仕事をするのに必死になって、

わたしは何が好きで、何が得意で、何を貢献したくて生まれてきたのだろうと考える暇もなく、働くロボットと化してしまうのです。

わたしも6年前までそんな人生を送っていました。

検査技師として内視鏡技師として朝から晩まで働いているのに、好きでやっているはずの仕事なのに、なぜか毎日が虚しく終わって行きました。

バシャールの魂のブループリントを読んだとき、この状況は自分が自由選択で選んだ結果なんだ、だから制限をかけて狭い世界に押し込めているのは自分で、それはいつでもやめられるのだと気づいて、仕事に対する観念から自由になれたのです。

生きる糧の仕事では、適した業務と適さない業務を知ることができた好きで適性のあり独自の貢献ができる仕事で食べていけるようにトライしてみよう!と起業したのです。

そのときはホロスコープを見てチャレンジしました。

わたしの2室はうお座始まりでおうし座終わりでおひつじ座の木星が挟まれたインターセプトハウスです。

わたしがなかなかおひつじ座木星の価値がわからず、使いこなしてあげられなかった星なのです。

2011年はわたしの2室のおひつじ座木星にトランシットの木星が重なるジュピターリターンの年で、天王星もおひつじ座に入りました。

幸運の木星と変革の天王星がおひつじ座のわたしの木星に重なり所有のハウスに幸せな変革を促してくれるなんて、こんな絶好のチャンスは2度と来ません。

このときを外したら起業なんてできなくなってしまう!と清水の舞台を飛び降りるつもりで、自分の人生にすべてを賭けたのです。

そのチャレンジがあったから、今があります。

今は毎日独自のホロスコープリーディングをしているとき、天と共同創造で仕事をしているのを感じて幸せな気分になります。

それでは、マイケルジャクソンの2室所有のハウスを読んでみますね。

マイケルの2室はおひつじ座26度で始まりおうし座27度で終わります。

ここにおうし座22度の火星男性性、モチベーションがあり、

6室貢献のハウスのしし座17度の金星女性性、喜びと25度の水星思考の合と90度の葛藤するハードアスペクトがあります。

おひつじ座始まりなのでおひつじ座の支配星の火星がどこにあるがで、何に駆られて稼いでをしていたかがわかります。

マイケルの場合は、火星は2室でおうし座の22度です。

おうし座は豊かさを表し五感に優れるので、最高の品質のものを所有しようとします。

最高のものを金額の制限なしに所有しようとしたら、莫大に稼がないといけないですよね。

たぶんマイケルは、この豊かな所有欲を満たすことが働く動機となっていたはずですが、おうし座神話の王女エウロパのように優雅に受け取り、ガツガツ働くのを嫌うタイプだったと推測されます。

さらにこの2室のおうし座の火星モチベーションは6室貢献のしし座の金星喜びと水星思考の合と葛藤する配置にあるので、稼ぎのことを考えるととたんに喜びが失われアイディアも浮かんで来なくなることが予想されます。

2室所有と6室貢献でハードアスペクトの配置の星があると、至福に感じられる仕事で貢献したいと望みながらもいざそれが収入となって現金化されると、失望するようです。

6室貢献は純粋に役に立ちたいと思う損得勘定無しの世界なので、そこに収益の問題が持ち込まれると純粋な貢献に水を差された気分になってしまうのです。

貢献の喜びがビジネスの義務にすり替わったら、報酬や対価への責任を果たす重荷が課せられます。

子供のときは顕微鏡下の世界にワクワクしたけれど、臨床検査技師になってそれが日常業務になってしまったら、楽しみよりも苦役に変貌することが、かつてわたしにもありました。2室おひつじ座木星と6室かに座ドラゴンヘッドがハードアスペクトをとっているので、そんな感覚を味わったのかもしれません。

しかし、マイケルは2室と5室のハードアスペクトの葛藤を乗り越えて統合を成功させたのでしょう。

わたしは彼のライブを観に行ったことはありませんが、マイケルのファンはステージにいるマイケルこそが最もマイケルらしく、彼が創り出すイリュージョンの世界に共に酔いしれることを喜びに感じていたのですから。

そのイリュージョンを現実に創り出すためならどんな過酷な挑戦にも、肉体の限界にも挑んでいたのですから、楽してリッチを望むおうし座火星とエンターテインメントにコミットして力を発揮するしし座金星水星が葛藤していたのでは、到底この世に別世界を創り出すことは叶わなかったと思います。

おうし座火星はしし座の金星水星と本物に感じさせるイリュージョンを創り出すため手を組み、ファンに最高のステージを提供して、しばし現実から解放させ、別世界へ連れて行くピーターパンの役割をマイケルは演じていたのでしょう。

次回もこの続き6室のお話を予定しています。

わたしのサロン、リブラライブラリーではあなたの心のしくみを

ホロスコープで解説し、心の制限、葛藤が引き寄せる現実問題に

セルフヘルプで立ち向かえるようサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。

新メニュー月の欲求土星の制限の観念書き換えワーク、

キローンの苦手意識を強味に変えるワークが加わりました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。