自撮りの顔にメーク自動合成資生堂アプリにAR機能スマホのカメラで撮った顔にリアルタイムでメ

自撮りの顔にメーク自動合成資生堂アプリにAR機能スマホのカメラで撮った顔にリアルタイムでメークを自動合成する機能が、資生堂のアプリに6月下旬〜7月上旬に追加。自宅にいながら化粧品を試せる。資生堂は6月27日、AR拡張現実技術を活用し、スマートフォンのカメラで撮影している顔にリアルタイムでメークを自動合成する機能を、スマートフォンアプリカラーシミュレーションiOSAndroidに6月下旬〜7月上旬をめどに追加すると明らかにした。資生堂の化粧品を場所を選ばずどこでも試せる同社広報部という。

アプリを起動し、試したい化粧品を選んで、スマホのインカメラで自分の顔を撮影すると、画面上に映った顔にリアルタイムでメークを合成する。既存のアプリでもメークの合成は可能だったが、撮影済みの顔写真をアップロードする必要があった。新機能ではユーザーの顔の動きに連動し、横や斜めから映してもメークを反映できるという。

アプリ画面から資生堂のWebサイトワタシプラスに遷移し、試した化粧品を購入したり、近くにある販売店舗を探したりする機能も備える。

これまでも資生堂は、デパートの化粧品売り場などにタブレット端末を設置し、AR機能を使ってメークを試せるサービスを提供していた。まずは自宅などでアプリを使ってメークを合成した後、近くの店舗を探して実際に試したいというユーザーのニーズも考えられる。ユーザーと資生堂の新しい出会いの場を作りたい同社広報部。