イソコの質問

東京新聞望月衣塑子のことです。

きょうも報道ステーションみてたら(辞めとけ!)、

いつものように菅官房長官に食いつくこいつの声が聞こえてきました。

国民のことをこんな人たちなんて言った!

と食いついてたのです。

しかしまあ、酷い印象操作ですよね。

安倍総理秋葉原の演説で確かに、

こんな人たちに負けるわけには行かないと言いました。

でも、このこんな人というのは、普通の国民のことではありません。

いいですか。

もう一度例の写真を見てください

判りますか。

大勢の人が安倍総理の演説を聴きに来てる中で、

一部の動員をかけられた集団が、

安倍総理辞めろ!と騒いでたのです。

安倍総理の言葉に耳を傾けることも無しに、です。

それだけを報道に使ってるのが反日マスコミです。

その演説を聴かずに妨害をしてるような卑劣な連中に向かって安倍総理は、

こんな人たちに負けるわけには行かないと言ったのです。

安倍総理の言葉のどこに問題があるのでしょう?

それなのにイカレた望月衣塑子は官房長官に、

国民をこんな人たち呼ばわりした!これは問題だ!、と、

官房長官に食いついてたのです。

誰がどう考えても、こいつはイカレてますし、

こういう報道をしてる報道ステーションはイカレてます。

でも今日は菅官房長官もきっぱり言い切ってましたよ、

そうは思いません!と。

イソコの質問を真っ向から否定していました。

そうなんですよ。

今回の都知事選挙は正直者がバカを見たという結果だと思います。

あいつらはとにかく何でもアリで攻撃してるんですよ。

こっちもそれなりの覚悟を決めて、真っ向勝負しなければいけません。

報道機関が虚偽の報道をしたならば、

それなりの責任を取らせなければいけません。

もう報道の自由やりたい放題ではないのだと、

思い知らせてやらなければいけないのです。

たぶん日本は酷い国だと例の国連報告者か何かに言わせるでしょうけど、

そんなもの無視すればいいのです。

あいつらがどれだけウソをついてきたか世界に伝えてやればいいでしょう。

やられたらやり返すこれで行かなければいけません。

ぼくは安倍さんは優しすぎると思いますよ。

だから煮え湯を飲まされるのです。

解散総選挙いいんじゃないですか。

だいたい都民ファーストなんて、露骨な地域エゴですから、

全国の人が思い知らせてやればいいのですよ。

オリンピックを無茶苦茶にして、全ての日本人に恥をかかせる気か!

と言って。

昨日から気分が悪くて仕方ないです。

とにかく平慶翔が吊し上げられるところを見たいです。

広告を非表示にする