#懐かしのアニメ〜バビル2世

#懐かしのアニメ〜バビル2世

コンピューターで完全制御された要塞バビルの塔の後継者として、超能力を持つ少年・浩一がバビル2世となった。

バビル2世は、空を飛ぶ怪鳥ロプロス、主に海で活動する巨大ロボットのポセイドン、そして何にでも変身できる黒豹ロデムという3つの僕(しもべ)と共に、地球支配を企む超能力者ヨミと戦う。

原作者は「仮面の忍者赤影」や「鉄人28号」などでお馴染みの横山光輝

原作との違いとしては、主人公の浩一の姿が学生服から戦闘服に変わり、お世辞にもカッコいいとは言えないバビルカーという乗り物に乗ったり、怪鳥ロプロスが金色のメカロボット風になったりしたが、いずれも原作のファンにとっては期待外れの結果となった。

そして一番の問題は、3クール目に突入した時点で主人公がなぜか北海道の牧場で全く新しいサブキャラクターたちと共に、復活したヨミと戦うという設定だろう。

この突飛な路線変更によって視聴率は低下し、全39話で終了した。