博多ラーメン「一蘭」 15日に開店した台湾1号店が25日時点で連続250時間の行列形成を記録

「博多ラーメン「一蘭」台湾1号店、オープンから250時間行列続く」

https://news.SNS.jp/view_news.pl?media_id=103&from=diary&id=4638759

 ニュース(TechinsightJapan)によりますと、今月15日に台北市内にオープンした博多ラーメン「一蘭」の台湾1号店。24時間営業の店舗だが、オープンから10日経っても人々の行列が途絶えず、25日の時点で連続250時間を記録したということが、「蘋果日報」が伝えました。

 一蘭の海外進出は、香港、アメリカに続き3か国目。台湾1号店は、台北101ビルなどいくつものデパートが立ち並ぶ信義商圏に開店。オープン前には、並ばずに食べられる「ファストエントリー」サービスの導入に批判が殺到し、店側が謝罪に追い込まれる事態になりましたが、この行列を見る限り台湾人のラーメン愛には影響がなかったようです。台湾ではここ数日、38℃を超える猛暑日が続いていますが、訪れる客たちは「それでも並ぶ価値がある」と語っています。

 現在の行列は70〜80人ほどでオープン当初の約200人に比べると減ってはいるものの、それでも1時間以上は待たなければならないということです。深夜でもその状況は変わらず「午前2時から並び始めて、食べ終わって出てきたら空が明るかった」と話す人もいます。

 2013年、一蘭は海外初の店舗を香港に構えましたが、その時はオープンから8日間の行列が続いた。今回の台湾1号店はその記録を更新したことになります。